おはようございますウインク

朝から予定を間違えて、梅田に来てしまい優雅に一人コーヒーをしてる稲葉です照れ
10/5に摂津市で食育教室の出張依頼をいただきまして、親子でアイシングクリーム作り
ハロウィンクッキーイベント👻
を開催させていただきました⭐️
午前、午後の部で20家族×2回で40家族の皆様にご参加いただけました⭐️
はじめは兄弟で2枠もOKにしてたのが、人気殺到で1家族、1枠となったそうです❤️嬉しい😍
私のこだわりは、まず「美味しいこと。」
美味しいの基準は人それぞれですが、
私の美味しいはよく、「優しい味」と表現していただくことが多いですウインク
アイシングクリームは粉糖と卵白で作ります。ぶっちゃけまして、その砂糖菓子はあまり美味しいとは思わないです。子供の頃も砂糖菓子で作られたケーキの上に乗ってるキャラクターなどは食べてなかったように思います。アイシングクッキーよりは、普通のクッキーの方が好きで🍪
そこに、着色料という添加物を入れて色をだすアイシングクッキーにはさらに魅力に感じないのです。(私の好みの問題です。)
なので、
私のクッキーは
キビ砂糖を使い甘さもかなり控えめにして、
バターも四つ葉バターを使用してます🍀
アイシングクリームには、
合成着色料を使っていない
粉糖(コンスターチなしの純正のもの)で白
ココアパウダーで茶色☕️
クランベリーで赤🍓
かぼちゃパウダーで黄色🎃
を作ります⭐️
行程としては、卵白と粉糖を混ぜてから、
小袋に入ってる粉類と混ぜて、絞り袋を作ってもらいましたおねがい
そして、もう一つ作って「楽しい」という思い出を作ってもらうこと。
年齢が大きくなればなるほど、見本通りに作れた子が「上手」と表現されがちです。
私は、子供の頃から見本通りに作れたことがなく(笑)自分は下手で不器用と思い込んでました。
なので、この見本を作るのに一苦労でした(笑)
でも今、自分の作品を個性として捉えることができてきますおねがい
そんな子の気持ちがわかる私だからこそ
自分の好きなように表現することを
承認してあげることを意識して、声かけができていますウインク❤️
見本通りに作れた子は
「丁寧で、細やかなところまで再現できて素晴らしい」ですし、
自分の好きな色を作った子は
「新たな色を作るという発想ができたことが素晴らしい」です⭐️
大人からみたらぐちゃぐちゃにみえる作品も、
その子の頑張って表現したところはあるので、そこを見つけて褒めてあげることで、
子供の目はキラキラキラキラ🤩
先生私の作品も見てー❣️なりますラブ
本当可愛い💕
そういう認められた。ということも、
楽しい思い出の時間となると思ってますおねがい
そういうことを積み重ねていくことで、
自信となり、自己肯定感が育まれていくのではないかなと思っています照れ
熱く語ってしまいましたが、このような想いで、
教室を開催しています⭐️
ご興味のある方は是非親子で遊びにきてくださいウインクお気軽にお問い合わせお待ちしてます⭐️
 
いなほのLINE @はこちら
友だち追加